理科系アーティステイック少年は今もいて、これは数学の難問を美しく解くのが最高の喜びみたいな人だと思う。知識よりどのように把握し解釈し、きれいに解決するかだ。
美しく解くというのが大切で、泥臭く見苦しいのは評価されないが、ある時その泥臭いガリガリな解き方をシステム化してシンプルにそのギドギドの解決法をまとめたりしたことがあった。

これは美しいのと同じ、さらっとしたり、瞬時に解くだけがきれいではないし、とにかくこの道もアートと同じ様にいろいろな美しさがある。これからの時代はこうした理科系アーチィスチックな人と、文科系だけど科学的思考ができる人が創造階級を形成すると思う。

(Reblogged from otsune)

 プロとアマチュアのスポーツ選手を含む2500人に調査を行った結果、同性愛者とバイセクシュアル(両性愛者)の85パーセントが、スポーツをしているとき、または観戦しているときに、差別的な言動を経験、もしくは目撃したことがあるという。異性愛者の場合は、75パーセントだった。

 調査に協力したレズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアルの約半分は、同性愛嫌悪の標的になったことがあると答え、異性愛者の男性の場合は4人に1人の割合だった。

(Reblogged from psychology-news)
スクラムではプロジェクト内の人を「ブタ」、外の人を「ニワトリ」と呼ぶことがある。デイリースクラムではニワトリに発言権はない。これは、ハムエッグを作る際に、ブタが自分の生命をかけているのに対して、ニワトリは自身の生命に関わらない貢献の仕方をしている、という例えになっている。
(Reblogged from ebook-q)
「デスマーチ」のようなものは建設業ではほとんど起きないそうである。それはやっぱり工事現場だとものが出来ていくのが見えているので、ヤバい問題はわりと早く発見できるかららしい。結局、問題を可視化して、早期に問題を発見し、早め早めに手を打つということらしい。
(Reblogged from edieelee)
仲間の中でひとりだけ成長すれば、もう仲間ではいられないからだ。その恐怖を感じるからこそ、孤独を恐れると自分で成長することをやめてしまうのだ。
(Reblogged from edieelee)
「デジタルデバイスだと無音の不安を数秒必ず味わった後で」
これ、確かに問題ですね。ユーザインタフェースとして
「開始ボタン」>「完全な無音」>「曲演奏」よりも
「開始ボタン」>「軽い雑音」>「曲演奏」というほうが
不安をなくすとか、音量調整できるとかの点で快適だと思います。
日本は大昔から、エコの文化だとよくいわれます。
そのひとつの例として、きものがあります。

きものは洋服と違うのは、曲線がほとんど無いということです。

洋服は生地をパターンに合わして裁断していきます。
肩のライン、腰のラインに合わして作りますので、出来上がった洋服は直線が無いくらい全体に曲線のラインです。
したがって体の体型にぴったりと合います。

きものの場合は、反物の生地をほとんどと言っていいくらい直線で裁断していきます。出来上がったきものも直線のラインが殆ほとんどです。
着付けも巻きつけて着るので、着付け次第である程度の体型まで着ることが可能です。
したがって、よっぽどじゃない限り、太っても痩せても同じきものを着ることができるのです。

~(略)~

もうひとつ、きもののスゴイところは、仕立ての際にほとんど生地を余らさないで、縫いこむことができるのです。
どういうことかと言いますと、糸を解いてまた繋ぎ合わせると元の反物の状態に戻るのです。
という事は、また新たに仕立て直しが可能になります。
もっというと、生地が破れない限り何回でも仕立て直しが可能です。

娘へその妹へ、孫へその孫へ。
最終的にはもちろん生地ですから、破れたり穴が開いたりします。
そのときは、座布団やお布団の生地として再利用します。また巾着やお手玉のような小物へ。

なんというエコでしょう。捨てることなんて絶対無いのです。

反物から始まって、また反物に戻る。1からはじまって、また1に戻る。
1として使えなくなっても、違う1になる。

最近は1からはじまっても1に戻らない物があふれている気がします。
(Reblogged from do-nothing)
結論から言ったら、人間というのは、やっぱり24時間遊んで暮らせてね、それで好きなことやって好きなとこ行って、というのが理想なんだと、僕は思うんだけど。
 ええと、ほら、僕らの世代の人たちで、ちょっと左翼っ気のある人なんかだと、「労働は大切だ」って言うでしょう?そうすると、その極まるところがどうなるかっていうと、清く貧しくっていう思想になっていくわけです。
 清貧の思想、遊び心は持たない、ぜいたくもしない―どうしてもそうなるんですよ。
 何でこいつら、こういうこと言うんだろうって思いますね。普通の人がぜいたくして、いい洋服着たりうまいもの食ったりっていう、そのテーマがなくなっちゃったら、歴史の半分がおもしろくねえってことになっちゃうんですよ。

ありったけの言葉を抱っこし頑張る僕カッコイイ ■「悪人正機」

p65 なんで仕事ってするんだろう

悪人正機
吉本 隆明、糸井 重里 他 (2004/11)
新潮社

(via ginzuna)
(Reblogged from kikuzu)

なんのこっちゃわかりませんか? 順を追って説明しよう。まず人類の歴史において大きな業績を残した人(彼らを「天才」と呼ぼう)には,本人かあるいは近親者が精神分裂病を煩っていた例が多い。数々の研究からこの病気はいくつかの遺伝子異常の相乗効果により,脳内におけるアラキドン酸,エイコサペンタエン酸,ドコサヘキサエン酸などオメガ3脂肪酸の欠乏が原因であることが解って来た。これに関わる遺伝子は少なくとも2~4カ所と考えられ,そのすべてを併せ持つとある割合で分裂病を引き起こすが,それ以下の場合,また食生活などの外部環境によってうまく発症が抑制された場合には常人を超えた能力の発現を促す(マウスによる実験で50%以上の知能亢進が確認されている)。

人類の祖先にこの遺伝子異常が現れたのは約14万年~8万年前のことと考えられ,火の使用や道具の革新,抽象的思考の発生などはこの遺伝子を持つ個体によって創始されたのではないか,というのである。この辺の議論はあのジュリアン・ジェインズの名著「神々の沈黙ー意識の誕生と文明の興亡」と呼応していて興味深い。

(Reblogged from golorih)
たぶん、頭のいいグループで、
頭のいい行動を取っているだけだと
なにかが狂う

freedomcat

eto (via dannnao) (via gkojay) (via usaginobike)

たぶん優越感と劣等感の奴隷になる

(via golorih)
(Reblogged from golorih)
雑誌に載ってる「幸運のペンダント」とかの広告ってあきらかにインチキ臭いけど、あれってわざとらしいんですよ。わざとインチキ臭くして「それでも騙される人」だけを集めてる。美味しいとこだけ食べるわけ。これを経済学ではクリームスキミングと呼びます。ミルクからクリームだけ抜くワケよ。

Twitter / MAMAAAAU (via whyareyouwanazawasan)

絶対騙されないだろう、と思ってネタにされることの多いスパムメールの類も同じ話。そこでフィルタリングされてる。

(via pdl2h) なるほど。 (via interglacial)

(Reblogged from atm09td)
芸術や美をコンピュータで作りだすことは可能である。
(Reblogged from do-nothing)
Blogはやっぱり、ブロガーがメインじゃないですか。でもtumblrは情報がメインだから、そういうところが楽しいなって思いましたね。
(via petapeta)
(Reblogged from do-nothing)
Q. 好きな人に告白する言葉を教えて (小6・女の子)
A. 永先生:言葉は一番大切です。でも、好きな人に「あ、この子好きだな」とか「いい人だな」と思われるには、「おなべをいっしょに食べて同じものをおいしいと思う」、「夕やけを見て、両方が美しいなと思う」というような同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります。
例えば、「いただきます」とか元気な声で言っていると、それだけで「あの子いただきますって言ってるな。きっといい子なんだろうな」と思うじゃないですか。「あなたがすき」ですとか、「キミを僕のものにしたい」とか、「世界のどこかで待ってる」とか、そういうのはあんまり効果がありません。
「きれいだな、おいしいな、うれしいな」ということが同時に感じあえる環境が一番大事。だから、「好きです、嫌いです」という言葉ではなく、いい言葉を使っている子は好きになれる。「あの人ならこの言葉は好きだろうな」と思った言葉を何気なく使っているときの方がドキンとします。「あなたが好きです」というのは最悪な言葉です。
だから、いっしょの環境にいるときに同じ感動をする場面に出来るだけいっしょにいる。スポーツの応援でもいいです。そうすると、使いあっている同じ言葉にドキンとすることがあって、それが愛なんです。
自分でいうのもおかしいけど、ひとりでご飯を食べてておいしいことないです。ひとりで野菜を食べているときは本当にさみしい。やっぱり家族、好きな人といっしょのほうがいい。二人っきり、まずはふたりになること。きれいな言葉を使いあうこと、きれいなことに感動すること、ふたりで声をそろえて感動してください。

全国こども電話相談室[その他] (via jinakanishi)

素晴らしいなあこれ。

そして12歳でこんな言葉を聞けるのも幸せなことだとおもう。

(via wrigley, moriyak) 2008-12-11 (via gkojay)

(via isitose) (via hetaremozu) (via to-fuya) (via sryuuki) (via sw0oord) (via tsukaman)

(via otsune)

ひとりでご飯を食べてておいしいことないです。ひとりで野菜を食べているときは本当にさみしい。やっぱり家族、好きな人といっしょのほうがいい。

(via motomocomo)

(via m0gyan) (via usaginobike)

(via ishida) 2011-02-03 (via gkojax-text) (via shiromizakana) (via matsubokkuri)

(via shitu) (via ak47) (via dannnao)

(via slidestreet)

(via mrngiii)

(via mxkk)

(via kyoukochang) (via mnrkwr, moriyak-deactivated20120609) (via 12g21m) (via su-te-ru) (via kyoukochang) (via yukino556) (via precall) (via takayadai) (via ryusoul) (via l9g) (via shiraishiunso) (via deli-hell-me) (via rairairai7)

(via danbora)
(Reblogged from danbora)
動物園とか、水族館とか、親が子どもを連れて行くような場所に行くと大概しまじろうのキャラクターグッズを持ってスタンプラリーをやっている。住民票からは得られなくなってしまった教材の潜在顧客情報を、キャンペーンを通じて獲得できる仕組みを数年で造り上げたのである。
(Reblogged from umaken)